topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格言 - 2014.12.27 Sat

偉人の名言・格言は、解説なんか読まず
見た瞬間に納得するものでないと意味がない。

見た瞬間に納得・・とは、自分の経験や考えと結びつく、という事です。

経験した事ない・考えた事もない名言は、「なるほど~」と関心しても自分の一部にならない。

知恵というのは人の言葉からではなく、常に自分の経験から体得していくものだ。
人から学んでも、それが経験と結びつくまでは中身が空っぽな単なる知識。

世の中の殆どの人は、「単に知っている事」を「自分の一部になった知識」と勘違いしている。

人は死ぬまで経験を続けていって、学び続けるんだ。

スポンサーサイト

庭に深い穴を掘った好奇心 - 2014.11.23 Sun

好奇心を抑え付けない教育に関係した話ですが、

私が幼稚園か小学校低学年の頃だったか、読んだ絵本に触発されて
突然庭に大きな穴を掘り始めたんです。影響されやすい子供だ笑
絵本では、子供が穴を深く掘り始めて地球の裏まで行ったとか(詳細不明)
そんな話だったと思います。
穴の中から空を眺めたらどんな景色だろうと思って、自分が丸々入るくらいの穴を掘ろうと思った。
で、結局思うほど深くまで掘れず、朽ち果てていった。笑
でも想像が膨らんですごくワクワクしたのを今でも覚えてる。

で近所のおばさんが当時の穴掘りを見てたらしく、自分がちょっと大きくなってから話した時に
「あなたのお母さんは寛大だったわ。私だったら庭に穴を掘り始めた時点でぶん殴ってた」
と言われて焦った。苦笑
まぁ自分の記憶では、しつけは色々された記憶があるけども、
たしかに好奇心をとめずに自由にさせてくれた事は今思うと有りがたい母の教育方針だった。
(美談ぽく書いたけど、母が意図して寛大だったか、またはアホかと思ってスルーしたのかは不明)

社会人5年目までは社会のレールにのって進んできたけど、
大学のあたりからは自分の意思や好奇心ではなく、四方固められた社会の中で
既にある選択肢からひたすら選んで次に進む・・という、少し違和感があるまま進んできた。
穴を掘った頃の自由な感覚が、少しずつ締め付けられてた。
違和感をそのままほっておけず、留学という形で一旦レールから外れたい気持ちがあった。

大人になっても好奇心と行動力は、事業を生み、会社を動かし、
そして社会を変える原動力になると信じています。

好奇心を抑え付けない教育 - 2014.11.23 Sun

最近、知識欲が半端なくなってきて、とにかくネットで調べまくってる。
ガラスは何故透明か?とか(子供電話相談室ぽいな)、ドイツ車の歴史とか、
着色料の話とか、天才少年の話とか、ルワンダの歴史とか・・
ウィキペディアは知識欲をいくらでも受け止めてくれるから本当にやばい。

今の時代こうやって「好奇心」があれば幾らでも調べる事が出来て、
幾らでも知識をインプットできる。すごーく便利な時代になった。
昔は百科事典を調べたり、図書館や本屋に行ってまず本を探す所から始めてたのに
今やスマホ片手に瞬時に調べられる。いやーすごい時代だ。
ネットを通して、日常的で無意識に学校以上に学べる社会になった、という事だ。
だから将来は「勉強」と「勉強でない」行為の境界線がもっと曖昧になるだろう。

こんな時代になったからこそ思うんだけど、
親が子供に闇雲に「勉強しなさい!」と言う時代ではなくなった気がする。

それよりも、色んな物事に触れるきっかけを与えて、
好奇心を自由に膨らませてあげること、
そしてやりたい事をさせてあげる自由度を与えること
これだけで教育の大事な部分を殆どカバー出来るんじゃないだろうか?

好奇心の強い人間になれば、幾らでも自分で情報を集めて勉強できるだろうし、
大学や大学院で勉強・研究をしたくなるだろうし、
自分の進む道を自然と見つけるだろう。
受動的よりも能動的の方がモチベーションの効果が働き、
速度も効果も記憶力も抜群ですから。

自分が子供を育てる立場になったら、膨らんだ好奇心を抑え付けない。
そういう親になりたい。

あ、好奇心のまま自由に・・と言ってもTVゲーム類は別だな。
ゲームは人を中毒にするようデザインされているからはっきり言って教育の敵です。
子供の好奇心ベクトルをねじ曲げる。
やらせるにしても高校生くらいから位でいいと思う。またはWii系のものとか。
(同級生との関わりもあって難しい部分はありますが)

自分が中毒になりやすい性格なので、ゲームの悪質性は自信を持って断言する。笑

関連したトピック:庭に深い穴を掘った好奇心

体は精神の一部。 - 2014.11.23 Sun

前にホリエモンが、永遠の命を手に入れる方法として
自分の精神を外部に転送するテクノロジーが完成すれば実現するんじゃないか・・
という話をしていた記憶があるのですが(ざっくりとですが)、

その時は「ほぉー」と思って聞いていたのですが、

この頃よく思うのは、「体」は「精神の一部」という考え方が強くなってきたので、
精神だけ体外に転送して永遠の命・・というのは、解釈が出来なくなってきた。
それが出来るとしても、自分はそれを望むんだろうか・・?

体調不良や病気の時は、やる気が出てこなかったりネガティブな思考になりがち。
歯の痛み、花粉症の鼻のむずがゆさ・・などの時も、辛くて思考停止状態になる。
または、睡眠をばっちりとって体調も良い時は気分もよくなる。
好きな人と触れ合ったりセックスして気持ちよくなったり、
かわいい子供や動物と触れながら遊んで愛らしい気持ちになったり。

結局、気分とか精神構造ってのは、体調や体が受ける刺激によって変化し続けるんだ。
その経験の積み重ねによって人は学び、そして人格を形成していく。

だから、精神や人格ってのは、体があるからこそ成立するもので、
まさに心と体が「一心同体」。
心を体から外へ転送した時点で、刺激がなくなり、成長はストップする。
ただ単に、「思考回路」というモノがそこにあるだけ・・という状態になるのではないか。

最近は健康である事に楽しさを覚え、体調もすごくいい。
食事とお酒をコントロールしただけで5キロ痩せた。今はタバコも吸ってない。
アラフォーになった今、人生で一番健康だと断言できる。
20代のときは若かったから無茶も平気だったけど、いま考えれば気持ち悪いくらい不健康だった。
ここ1,2年は寝込む風邪どころか、まともに熱を出した記憶もない。

心が体を大事にし、体が健康になると、それがまた心にプラスになって跳ね返ってくる。
自分の体は、人生のパートナー。体を愛して、大切にしてあげないと。
この感覚を持つ事が大事だなぁと最近思います。

アイデアは、発案する事よりも育てる事が一番むずかしい - 2014.11.10 Mon

どんな素晴らしいアイデアでも、それ自体には大した価値はない。

アイデアを実現させるには想像を絶する努力と強い意思が必要で、
それら無くしては、アイデアの価値はゼロに等しい。

考えを形にするその持続的なエネルギーは、
アイデアの発案者が得られる特権である。
その行動力・エネルギー自体が価値なのだ。

普通、人はアイデアそのものに価値があると勘違いする。

だから、他人に成功を奪われる事を恐れて隠す行為は完全に勘違いである。
逆に言えば、人から聞いたアイデアを物まねでトライしたところで大した成功は期待できない。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Yusuke

Author:Yusuke
カナダのバンクーバーで留学サポート会社を経営しています。新米社長の日本とカナダを往復しながらの奮闘記。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ビジネス (9)
人生 (4)
挨拶 (1)
メールカウンセリング (1)
プライベート (2)
教育論 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。